日本のオタク文化をリードする『ニコニコ動画』がついに英語と中国語に対応

ニコニコ動画と呼ばれる日本の動画サイトをご存知でしょうか?

動画サイトとしては日本でYouTubeに次ぐアクセス数を誇る人気サイトで、日本のアニメ・ゲームのファン活動や、歌や踊りなど何らかの創作活動の発表の場として最もポピュラーな場所です。近年では、個人だけでなく、アニメ・ドラマの公式配信など企業単位での動画配信も増えており、現在の日本オタク文化をリードする大きな存在となっています。

ニコニコのトップページ

独特なコメント投稿機能

ニコニコ動画が何故ここまでの支持を集めたのかは日本でもよく議論の対象になりますが、その主な要因としてこの動画サイトが持つ特殊なコメント投稿機能を挙げる人は少なくないでしょう。
ニコニコ動画では動画に対してユーザーがコメントする場合、動画内に指定した再生時間上にコメントが投稿されます。その結果、同じ動画を異なる時間に見ている複数のユーザーが同じライブ会場にいるかのような連帯感を持って動画を楽しむことが出来ます。

また、技巧をこらしたコメントはそれ自体が一つの作品となりユーザーを楽しませてくれます。

実際はプラス効果ばかりでなく、動画内で言い争いが起こったりと無視できない弊害もあるのですが、この独特なコメント機能が動画の楽しみ方の幅を広げ、ニコニコ動画の独自性を高めていることは間違いありません。

国際展開の現状とこれから

ニコニコ英語版 そんな日本で人気のニコニコ動画ですが2012年10月18日についに英語と中国語に対応しました。ブラウザの言語設定によって各言語に自動的に対応するので海外ユーザーにとって大分便利になったのですが問題も残っています。今のところ投稿動画の大部分が日本ユーザーのものであり、動画のタイトルや説明文が翻訳されていないものが殆どなので動画を探す作業では困難を強いられるでしょう。しかしそいういった問題を解決するための糸口は用意されています。例えばユーザーなら誰でも言語別にタイトルや説明文を翻訳編集できる機能が多言語化に併せて追加されました。編集が行われた動画はサムネイル枠に色がつくので簡単に見分けることができるし、「新着の翻訳動画」としてトップページで紹介されるので目につきやすくなります。また、先の話でどうなるかわかりませんが動画説明文の自動翻訳機能も検討されているようです。何にせよ、翻訳された動画が少ない現状では海外ユーザーが十分楽しめる環境が整っているとは言い難いです。ニコニコ動画の海外展開が成功するか否かは、翻訳文化を根付かせ優れた翻訳者を増やせるかどうかに掛かっていると言えます。

© 2017 チャンネル ジャパン. All rights reserved.

Return to Top ▲Return to Top ▲