京大の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞。歓声に沸く日本

今年のノーベル医学生理学賞に京都大学教授の山中伸弥さんと英ケンブリッジ大のジョン・ガードンさんが選ばれました。山中教授の受賞で日本人の受賞者は19人となり、医学生理学賞においては2人目の受賞者が誕生しました。

受賞理由となったiPS細胞の開発を2006年に発表して以来、日本では山中教授のノーベル賞受賞の可能性について度々話題にされ受賞の可能性は高いと目されていましたが、その時期については10年後や20年後といった将来的な話だと考えられていました。それだけに僅か6年というスピード受賞の一報は日本中を驚かせる嬉しい不意打ちとなりました。

受賞発表後、日本のテレビや新聞はこぞってこの快挙を報道・特集し、インターネット上ではTwitterや掲示板で多くの日本人が祝福と喜びの声をあげました。この記事では受賞が報道された直後の大手インターネット掲示板に寄せられたそんな興奮さめやらぬ書きこみの中から幾つかを選ばせていただき紹介します。

「【医療】山中伸弥・京大教授にノーベル賞 iPS細胞の作成」 (2ちゃんねる)より
  • おめでとう!!
  • 日本人に生まれて良かった。
  • いつか受賞するとは思ってたけど、ずいぶん早いな。それだけiPS細胞がすごいという事か。
  • 人類もここまで来たかって感じの発明だと思うな。おめでとうございます。
  • これでハゲが直る
  • 俺のバイオベンチャー株も上がるんだろうか?
  • 今までの日本人は若いころの業績でも受賞したのは年寄になってからだからな。
    今回は異例に早いな。
  • 世界を変える技術だから当然だな。突き詰めると、不老不死の技術ってことだからねえ。
    大金持ちだけが何百歳も生きる時代が来るのかな。
  • 10年以内にiPS細胞工場とかできるんだろな
  • 人それぞれに適合できる臓器工場はできるんじゃないかな。あとは値段の問題ですね。
  • もう有るでw研究者向けに販売されてるw
  • これから甲状腺がんとか増えるかもしれないから早く再生医療の研究が進むといいな
  • この技術で早く全世界の難病で苦しんでいる人が助かると良いね
  • 俺のインポも治るようになるんか?俺のインポも治るようになるんか?(´・ω・`)
  • これで研究費集めが捗ると良いねぇ
  • これで医療費や寿命が伸びて年金負担とかが増えればまた若い者の負担が増え、国の借金が増えるのか
  • 凄いなぁ。山中教授の功績はホント凄いよな。日本人の誇りとか陳腐な言葉だけど、やっぱり凄いよ

情報元を見る

今回のノーベル賞受賞に対する日本人の反応を見てみると、これまでと比較してノーベル賞の受賞という面だけでなくiPS細胞の開発という業績自体が大きく注目されているように見えます。この研究成果が医療という私達の身近な生活に直結する分野のものである事や、まるで映画や漫画の世界に登場するような未来技術である事が、多くの日本人の関心を引く要因になっているのではないかと思います。

© 2017 チャンネル ジャパン. All rights reserved.

Return to Top ▲Return to Top ▲